2015年02月21日

前田利家ゆかりの地

結構前ですが、前田利家ゆかりの地、金沢へいってきました。
行くまで知らなかったんですが、金沢城って天守閣ないんですね。テレビ等でもよく石川門は映ってたけど、そういえば天守は見たことないですね。
それは置いといて、車を兼六園近くのパーキングに入れたのでまずは兼六園見学。
1280px-Kenrokuen10-r.jpg
さすが日本三名園に数えられるだけあって綺麗な庭園でした。しかし夜通し車を走らせ朝方着いたので庭園を楽しむ余裕がない人も…。
2015-02-20-15-54-01_deco.jpg
ちなみに僕は余裕の表情でポーズ(^^)v
2015-02-20-15-54-51_deco.jpg
って表情わかんないですけど^^;

余談ですが、兼六園にある日本武尊(ヤマトタケル)像、以前テレビで見たんですが、ハトが寄らないんですって。
kanazawa0021.jpg
(上矢印1兼六園の日本武尊像)
銅像といえば周りにも銅像の上にもハトが取り巻き糞だらけ。でもこの銅像は糞どころか、ハト自体寄らない。理由は結構前のことなんでよく覚えてないですが、この銅像に含まれる成分が理由だった気がします。兼六園の公式サイトには書いてなかったです。
明治紀念之標といのが本来の名前みたいです。
下矢印1兼六園観光協会のURLです。

話を戻して…兼六園側から金沢城へ向かうと石川橋をわたり、そびえ立つ立派な城門「石川門」。裏門になるらしいですが、攻め寄せた敵の勢いを抑える工夫がしてあるそうです。横にそびえるのが、菱櫓(ひしやぐら)。天守のような形をしたこの櫓の屋根は鉛で作ってあり、いざというときは溶かして鉄砲の弾にするための工夫なんだそうです。
2015-02-20-15-42-37_deco.jpg
(上矢印1石川門)
2015-02-20-15-46-40_deco.jpg
(上矢印1石川橋で、菱櫓をバックに記念撮影)

金沢城全体はとても広く、前田家の存在感が伝わってきます。余談ですが、金沢城の下に前田利家公の銅像があります。金沢城公園内でも兼六園内でもなく、まさに道端と言っても過言ではない場所に。白鳥路という小川のような用水路のような感じの水辺の道なんですが、ただ、何となく寂しさを感じたんで。
2015-02-20-22-39-53_deco.jpg
(上矢印1ぽつんと佇む利家公。なぜか烏帽子兜だけが金色)
どうせなら、五十間長屋の前に広場があるんでこういうとこに。じゃなくてもせめて金沢城内にほしかったですね。
2015-02-20-22-48-43_deco.jpg
(上矢印1奥に見えるのが五十間長屋)

この後、近江町市場へ行き「海賊」というお店で海鮮丼を食べました。
009.jpg
店内はカウンターのみで、行列の出来るほど美味しい海鮮丼。残念ながら大将(店長?)の健康上の都合で現在は店をたたまれたとか(金沢へ旅行に行った友人から聞きました)。
美味しいお店だっただけに本当に残念です。

追記
兼六園の日本武尊像と白鳥路の前田利家公像、画像が粗く見辛いと思います。なぜか写真がなく(撮った覚えあるんだけどなぁ)、観光協会等の写真をお借りしました。案内用の小さな画像を張ったため見にくくなってしまいました。すみません。
posted by SRC副長 at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。