2015年02月23日

佐々成政

2015-02-22-20-42-01_deco.jpg
天文5年1月15日(1536年2月6日)
佐々盛政の三男として尾張国に生まれる。
通称は内蔵助(くらのすけ)。織田信長に仕え武功をあげ(一説には稲葉一鉄の叔父、常通を討ち取った)、黒母衣衆に抜擢される。
母衣衆とは信長の精鋭の者達で構成され、本陣と前線との伝令や軍監としての役割もあった。前田利家も赤母衣衆として活躍したが、利家の赤母衣衆より成政の黒母衣衆の方が格上だったと言われている。
長篠の合戦では鉄砲隊を率いて活躍したとある。
信長の命により柴田勝家が北陸方面へ侵攻すると勝家の与力となり、前田利家・不破光治とともに府中三人衆と呼ばれ活躍する。
信長死後は柴田勝家に与し賤ヶ岳の戦いにおいては柴田側として参戦するが、わずかな兵を差し向けるにとどまった。一説には柴田勝家の与力として勝家に与してはいたものの、織田家の後継者争いのおり、織田信行側に与した勝家に兄を殺された等の経緯もあり、実は勝家を嫌っていたとも言われている(異説あり)。勝家死後は秀吉に恭順すると見せかけ、越中(今の富山)から冬のアルプスを越えて関東の徳川家康に出陣を促すため会いに行く(有名な「さらさら越え」)。結局家康の説得には失敗し秀吉に攻められ降伏。越中を没収されてしまう。大阪にて秀吉の御伽衆として仕えたのち九州征伐に従軍、武功をあげ肥後を与えられる。しかし、一揆の勃発、鎮圧失敗等の責任により摂津にて切腹(一説では弁明のため秀吉に謁見するため大阪を目指したが許されず、摂津に留めおかれた)。享年53歳(異説あり)。

追記
大河ドラマ「利家とまつ」では利家と成政は友人として、またライバルとして互いに切磋琢磨してるように描かれていましたが、実は仲が悪かったみたいですね。成政が肥後の責任で切腹となった時にも「利家とまつ」では利家が秀吉に助命嘆願していましたが、ドラマだけの話みたいです。しかし実際の成政は実直な男で、家臣や領民にも慕われてたようです。最後は一揆の責任を取らされましたが指揮官としての能力も高く、その能力は秀吉も利家も認めていたようです。勝家と実は仲が悪かったと書きましたが、それでも自分の上官として裏切る事はなく、また家臣にも十分な録を与えた成政はリーダーとしては優秀だったんでしょうね。また、領民のため川に堤を築いたり(現在も残る佐々堤)等、慕われたのは今もなお健在で、以前テレビで早々に柴田勝家を裏切って秀吉に付いた前田利家を悪く言い、成政の功績を自分の子か孫の事のように話してらした富山県のおじいさんがとても印象的でした。

posted by SRC副長 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国時代の偉人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。