2015年03月06日

お市の方

2015-03-06-10-46-57_deco.jpg
天文16年(1547年・月日不明)、尾張国 織田信秀の子として生まれる。信長とは同母兄妹。絶世の美女だったと伝わっている(織田家は美男美女ばかりだったらしい)。容姿だけでなく頭脳明晰で度胸もあり、信長も市をとても可愛がった。さらに「市が男だったら良い武将になった」とも言わせている。
二十歳の時に近江の浅井長政に嫁ぎ、茶々(後の淀君・豊臣秀吉の側室 秀頼の実母)、初(後の常高院・京極高次の正室)、江(後の崇源院・徳川二代将軍秀忠の正室 三代将軍家光の実母)の三姉妹を産む(浅井長政・市夫妻には男の子が2人いたようですが、市の実子かは不明)。政略結婚だったが夫婦仲はよく、織田と浅井の盟約が瓦解した後もまわりが羨む程の仲だった。小谷城落城と共に織田に投降。信長の庇護下で生活するが、信長が可愛がっていた妹だけあって手厚い待遇だった。信長死後は清洲会議にて柴田勝家に嫁ぐ事になり3人の娘と共に越前北庄へ。その後、勝家と秀吉が対立し、賤ヶ岳の戦いに柴田軍が敗北。北庄城落城と共に自害。享年37歳。

追記
長政同様非常に残念ですし、兄と夫が戦って夫が自害。悲劇ですね。信長からの寵愛は特別だったらしく、実は妹ではなく妾だったのでは?という逸話もあるようです。その流れで、長女の茶々(後の淀君)は信長の娘だったという、とんでもない逸話も。さらには北庄城では密かに脱出して生き延びた説もTVでやってましたね。まあとにかく血筋は徳川将軍家にも受け継がれ現在まで続いている事実だけは逸話ではなく事実ですが…。
posted by SRC副長 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国時代の偉人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。