2015年02月19日

真田ゆかりの地B

そして次の日に訪れたのが、高野山。
まず向かったのが真田昌幸、信繁か(幸村)親子が関ヶ原合戦後に蟄居させられていた九度山にある真田庵。蟄居中はここにいたらしいですよ!(冬場はかなり冷えたため麓の九度山町で過ごした説あり)
E79C9FE794B0E5BAB5E291A0.jpg
いろいろな資料があり小さな真田資料館といった感じです。
E79C9FE794B0E5BAB5E291A4.jpg
(上矢印1武具に見とれる局長)

なんていったらいいのか、「ここにあの幸村がいたんだ!」って思うと感慨深い物がありますね。
E79C9FE794B0E5BAB5E291A3.jpg
上矢印1真田幸村公のコーナーに展示の甲冑。
有名な「真田の赤備」(前立てが六文銭で鹿の角がついたもの下矢印1)
P1010411.jpg
ではなかったですが、これは大阪の陣で揃えたそうなので、九度山になくて当たり前ですね。ただ、九度山町では毎年、真田祭が行われてて、その時は赤備の甲冑に身を包んだ幸村公を見ることが出来ますよ!詳しくは九度山町の公式ホームページをご覧ください下矢印1
ちなみに真田といえば六文銭(六連銭)。由来は三途の川の渡し賃。幸村の祖父、幸隆がいつ死んでもいいように、または死も厭わない覚悟の表れとして使用したのが始まりと言われてます(異説あり)。
真田庵にも六文銭の旗ありました!
2015-02-19-08-42-21_deco.jpg
ただこの六文銭の旗印、実際には大阪の陣で幸村は使用しなかったという説もあります。徳川方に付いた兄の信之を気遣ってというのが通説ですが、やっぱり真田といえば六文銭、六文銭といえば真田幸村ですよね。
ひとまず、真田編はここまで。次は真田十勇士や大阪の陣生存説等、実際の文献にはない話を掘り下げてみたいと思います。では!

追記
せっかくなので高野山にも行ってきました。
寺ばかりだと思ったら山の上に1つの町があるような感じなんですね。参拝客・観光客も多いので当然ながら土産屋もたくさんありました。もちろん寺院の数も凄いですよ。
E9AB98E9878EE5B1B1E291A0.jpg
(赤くそびえ立つ二重塔。目立ってました。)

E9AB98E9878EE5B1B1E291A1.jpg
2015-02-19-12-41-15_deco.jpg
posted by SRC副長 at 08:51| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

真田ゆかりの地A

そして日を改めて訪れたのは、大阪方面。
まず最初に大阪城。真田幸村が大阪の陣で名を馳せた舞台です(実際の大阪城は焼け落ちてますが)。復刻版とはいえデカイ!広い!なのにその大きさが伝わるような写真が一枚もない( ̄▽ ̄;)カメラマンのぱたきちくん、さすがです!
E5A4A7E998AAE59F8EE291A1.jpg
2015-02-18-10-46-26_deco.jpg
そしてこの大阪城、歴史ロマンというか伝説があります!実は落城とともに果てたはずの秀吉の遺児秀頼公を幸村が助け薩摩に落ちのびた…。という伝説が!嘘かまことかはひとまず置いといて、歴史ロマンあるこの話はまた別でピックアップしたいと思います。
とりあえず場所を移し、大阪城から程近い三光神社、別名「真田神社」へ。
E79C9FE794B0E7A59EE7A4BE.jpg
(上矢印1真田神社こと三光神社)

E79C9FE794B0E5B9B8E69D91E6A798.jpg
(上矢印1三光神社に立つ真田幸村公像。メンバー紹介の画像はここの前で撮った物です。)


この真田神社に秀頼公を幸村が助けた「真田の抜け穴」があります。穴は大阪城まで繋がっていて、この穴を使い幸村は秀頼を逃がしたそうです(まぁ当然ながら異論・異説あり)。
E79C9FE794B0E381AEE68A9CE38191E7A9B4.jpg
(上矢印1真田の抜け穴。この穴が大阪城まで繋がっているとか。)
大阪城見物に行く際は是非寄ってみてください!
下矢印1三光神社オフシャルブログ

追記
この日はちょっと理由があり大阪ではなく、和歌山に宿泊しました。夜はメンバー全員で大阪の陣の歴史ミステリーを肴に遅くまで飲みました。旅先の酒は美味ですね(笑)
2015-02-19-12-39-41_deco.jpg
(上矢印1お疲れ様と旅の疲れを労いながら乾杯の音頭を取る局長)
posted by SRC副長 at 10:52| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

真田ゆかりの地@

真田家ゆかりの地へ行ってまいりました。
まずは真田の本拠地である、信濃の国。
最初に訪れたのは松代真田屋敷。
2015-02-17-20-58-46_deco.jpg
松代藩の藩主が住む松代城の城外御殿。まぁでっかい屋敷です。池があり武士達が鍛練する武道場や弓道場もありました。各地で見た武家屋敷とは全く違う。さすが藩主の別邸。ただ、何のために誰のための屋敷か聞くと「あっそう」って感じなんであえて書きません。「真田家の別邸」その方が…ね。
まあ何にせよ、時代劇に出てくる大名屋敷って感じですね。
005.jpg
2015-02-17-21-03-59_deco.jpg
(上矢印1主君と家臣のマネ^^;)
011.jpg
(上矢印1弓道場にて弓を射る…マネをする十時くん)
真田幸村こと信繁の兄信之の家系に関連した場所なんで、幸村とは関連のない場所ですが、本当に立派な屋敷で、一見の価値はあります。近くに行った時は是非寄ってみてください。詳しくは
SRCメンバーと訪れたのは秋だったんで見れなかったんですが、嫁と善光寺に行く途中で立ち寄った時はこのたくさんの雛人形が飾られて綺麗でしたよ。
056.JPG
次に訪れたのは…お待たせしました!幸村ゆかりの地!というか本拠地!上田城。
徳川秀忠軍を退けた立派な城門。
2015-02-17-20-53-53_deco.jpg
そして…酒樽で作られた茶室。
013.jpg
…。お待たせしました!ってわりに情報こんだけしかないorz(涙)  天守の写真すら無い…。
とりあえず詳しい事はこちらに。
posted by SRC副長 at 18:39| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。